FC2ブログ

ヒヅメの危険性 その後


☆ご訪問いただき、ありがとうござます☆
前回の続きです。








あれから、2時間位してから

「歯の治療が無事に終わり、メルちゃんは30分前に麻酔から覚めてますよ」と

病院から連絡がありました。


すぐにでも、お迎えに行きたかったのですが…。

麻酔から覚めたら、しばらくは安静にさせないといけないので

18時過ぎてから迎えに来るように言われました。




何事も無く、無事に済んでホッとしました。









18時過ぎてからメルを迎えに病院へ…。




今回の治療について、写真を見せてもらいながら説明を受けました。

記録の為、その時の写真も一緒にUPします。











メル 1








欠けた歯の治療を行う前に、歯石を取ってもらいました。


歯石除去後に、いよいよ欠けた歯の治療を行います。









メル2








エッチングおよびボンディングにて修復の下処理を行っているとの事です。










メル3









光重合型レンジでにて歯冠修復のを実施。
(特殊な光を当てて、欠けた部分を補う素材を硬化させています)

硬化したら、凸凹している部分の表面を整えるために、研磨するとの事です。









メル4








修復実施後の写真です。


全身麻酔をかけてから、治療にかかった時間は1時間弱との事でした。


それから…。

1. ヒヅメは絶対に与えないこと。

2. 歯が馴染むまで、1週間は歯磨きガム等も与えないこと。

3. 1週間後に診察をするので、もう一度連れて来てくださいとの事でした。









頑張ったメル








この写真は、家へ連れて帰って

ご飯を食べた後のメルです。

麻酔をかける為、朝から何も食べてない状態で
お腹が減っていたメルは、ガツガツとガッツいて食べてましたが


麻酔から覚めて、そんなに時間が経っておらず

身体の動きが鈍い状態なので

ご飯は多く与えない様に言われた為、様子を見ながの食事となりましたが…。






歯の治療に関して、治療をする前に
先生に確認したかった内容があり
聞いてみました。

それは…。

今回、欠けた歯の部分を修復したとして、その部分が
何かを噛んだ時に、また欠けてしまうリスクはないのか、

もし、欠けてしまったら、その時は治療をする為に
また、全身麻酔をかけての治療になるので、抜歯は考えなくて良いのか…です。



先生の考えは
残せるものは残して治療をした方が良いとの事でした。

ヒヅメ等の固い物を噛まない限り欠ける事は無いし、

普通に、カリカリの餌やガムを噛む位なら問題ないとの説明を受けました。




抜歯する事は、他の歯の影響もあるので

お勧めしないとの事でした。




ヒヅメはペットショップの一角でよく目にします。

ペットショップで売られているし、歯に良いんだろうなぁ~と思って、

買って与えてしまった…。

ペットショップで売ってるし、みんな買ってるから大丈夫だろうと…。




自分で勝手にその様に解釈してしまったんです。





ほんと… バカでした。






これからは、ワンコの事をもっと勉強して…。
ちゃんと、調べてから与えるようにしなくては…。



もう二度と、大切な家族をこんな目に合わせたくないから。

















にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ
 にほんブログ村
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP